イベント

TGRFのイベントの抽選方法と参加条件まとめ

imgp0034

TGRFのイベント一覧を抽選方法と参加条件と共にまとめてみました。

TGRFの入場は基本的には無料ですが、各種イベントに参加するには抽選券の入手や各種イベントブース前で受付をしないといけないんです。

2016年もTGRFが行われますが、基本的な抽選方法は同じとのこと。

イベントの内容についてはいくつかがすでに公開されていますが、行われないイベントもある可能性があるので注意してくださいね。

TGRFには4万人以上の来場者がいます。

もちろんTGRFへの来場者はみんな体験型のイベントに参加したいと考えるのがほとんどです。

まずは、TGRFで体験型のイベントに参加するにはどこに行かなければいけないのか?

2015年の情報を参考に整理しておきましょう。

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

TGRF 2016の公開済みイベント

2016年も実施が予定されている体験型のイベント概要は以下の通りですね。

基本的にはイベントの内容に関しては2015年までと変更はありません。

 

サーキットタクシー

imgp0536

レーシングドライバーの運転するレーシングカーやスポーツカーの助手席に同乗しレーシングコースを疾走する、他では絶対に体験できないオススメのプログラムです。

VitsはVitsレース参戦車なので通常のVitsRSですね。

ドライバーもVitsレース参加者なので純粋に富士スピードウェイを全力で攻めてもらえます。

加重を掛けながらコーナーリングしていく様は勉強になりますよ。

LF-AやRCFであればドライバーには小林可夢偉や中嶋一貴などのGTドライバーが運転してもらえます。

ストレート通過1回の2周ですが至福の時間をお楽しみくださいね

同乗車輌:Vits/LexusLF-A、RC Fなど

 

レーシングカー同乗体験 

imgp3274

レーシングドライバーの運転するレーシングカーやスポーツカーの助手席に同乗しレーシングコースを疾走する、他では絶対に体験できないオススメのプログラムです。

インタープロトで使用している国産レーシングカーのkurumaを使用したサーキット体験。

4リッターV6エンジンにより最高速度は300キロを超える車。

スーパーGTがいいな、ニュルの車がいいなとか思いますがkurumaは低重心でコーナーリングも早いので存分楽しめます。

ドライバーも平手選手などのGTドライバーによるものなので安心安全?

同乗車輌:インタープロト(kuruma)、ニュル参戦車の場合もあり?

 

サーキットサファリ

レーシングカー走行中に大型バスに乗車してサーキットを見学できます。レースさながらの迫力を間近に体感しよう。

参加車両:SuperFormula、SuperGT 500/300、ニュル参加車

 

Dakar Experience

imgp2264

ダカールラリーに出場した「日野レンジャー」で、特設コースを同乗体験できます。
「トヨタランドクルーザー200ラリー車」のデモランや搭乗体験もあるよ。

日野レンジャーの高さ2メートル以上の高さからの視界は斬新そのもの。

ランドクルーザーで障害物をジャンプし、着地の衝撃が楽しめます。

サスペンションの動きを楽しめます。

 

ワクワクPOTENZAドライブ

 

実際にステアリングを握って走行し、タイヤの性能や働き、そしてセーフティードライブをワクワクしながら体験できます。

一般車両(86など)を使用して横浜タイヤを試しながらショートサーキットを自分で走行することができます。

 

Drift Experience

imgp7806

迫力のドリフト走行を同乗体験できます。プロの技が繰り広げられるドリフトパフォーマンスもお見逃しなく。

ドリフトってゲームではやったことはあっても実際に乗ってみたらどうなんでしょうか?

楽しいですよ、ドリフト。

特にプロドライバーのドリフトは安心感があります。とってもスムーズで怖くありません。

 

 

TGRF 2015のイベント 抽選方法と参加条件まとめ

imgp8243

2015年のイベント抽選方法と参加方法は以下のようになっていました。

「サーキットタクシー」「レーシングカー同乗体験」は抽選券の配布はゲートオープン直後の朝6時から。

「サーキットサファリ」は朝6時から抽選ではなく販売開始です。

その他のイベントに関しては各回の開始時間前に受付、もしくは抽選券配布・当選発表という方式を取っています。

開始時間前に受付となっているものに関しては、早目に受付前に来ていないと間に合わないことがほとんどです。

サーキットタクシー

受付場所:
エンジョイパーク「体験コンテンツ受付テント」

参加資格:
身長140cm以上
※20歳未満は保護者の許可が必要
※シートに座れる方

受付方法:
当日朝6:00より抽選券配布
当選発表 9:30

参加費:
5,000円/10,000円

 

レーシングカー同乗体験

受付場所:
エンジョイパーク「体験コンテンツ受付テント」

参加資格:
身長140cm以上
※20歳未満は保護者の許可が必要
※シートに座れる方

受付方法:
当日朝6:00より抽選券配布
当選発表 11:50

参加費:
15,000円(税込)

 

サーキットサファリ

受付場所:
エンジョイパーク「体験コンテンツ受付テント」

参加資格:
なし

受付方法:
当日朝6:00より参加券販売
※先着順/定数に達し次第販売終了

参加費:
2,000円(税込)

 

ワクワクPOTENZAドライブ

受付場所
サーキットドライブパーク

受付方法:
先着順

実施時間:
受付時間 7:30~9:45
① 9:00~11:00
② 10:00~12:00

受付時間 12:00~13:45
③ 13:00~15:00
④ 14:00~16:00

 

Drift Experience

受付場所:
ドリフトコース内受付テント

参加資格:
身長140cm以上
※シートベルトが安全に着用できる身長
※20歳未満は保護者の同意が必要

参加費:
無料

実施時間:
① 7:40 抽選券配布/8:20 当選発表
② 10:00 抽選券配布/10:40 当選発表
③ 12:30 抽選券配布/13:10 当選発表
④ 13:40 抽選券配布/14:20 当選発表

 

Dakar Experience(ダカールエクスペリエンス)

受付場所:
ダカールパーク受付テント

参加資格:
身長140cm以上
※20歳未満は保護者の許可が必要

参加費:
無料

受付方法:
日野レンジャー
①08:00~08:30
②08:45~09:15
③11:00~11:30
④11:45~12:15
⑤12:45~13:15
⑥13:30~14:00
⑦14:15~14:45
⑧15:00~15:30

ランドクルーザー
①08:00~09:15
②11:00~11:45
③12:45~13:30
④14:00~15:00
各回1時間前より参加抽選券配布

 

ラリー コ・ドライバー体験

受付場所:
ラリーパーク受付テント

参加資格:
身長140cm以上
※20歳未満は保護者の許可が必要

参加費:
無料

受付方法:
①08:00~08:30
②08:40~09:10
③12:00~12:30
④13:15~13:45
⑤14:45~15:15
各回1時間前より受付開始
100名
※参加希望者多数の場合は抽選

 

スーパーカー同乗体験

受付場所:
エンジョイパーク「体験コンテンツ受付テント」

受付方法:
午前7時より受付開始

参加費:
無料

 

TGRFのイベント抽選方法についてTGRF事務局に質問してみた

img_0855

現行のTGRFの人気イベント「サーキットタクシー」「レーシングカー同乗体験」は朝6時から抽選券を配布しています。

その枚数にはもちろん制限があり、列をループすれば1人で複数枚入手することも可能です。

しかも「サーキットサファリ」に関しては当日朝6:00より参加券販売で「先着順/定数に達し次第販売終了」と。

自家用車で参加する人たちは朝早くや前日夜から来場し富士スピードウェイのゲートオープンを待っている人がたくさんいます。

 

自家用車でTGRFに来場できない人で東京方面から来る場合は、御殿場に前日入りでもしない限り富士スピードウェイへの到着は最速で朝8時です。

以前TGRFに参加したときには朝8時に到着したものの受付にいっても「サーキットタクシー」「レーシングカー同乗体験」の抽選券は配布終了していました。

もちろん「サーキットサファリ」に関しても受付終了。

これって抽選とはいえ朝一番のバスで来ても権利すら貰えないのは不公平感があるので、

「なぜニスモフェスティバルのように事前販売しないのか?」

ということについてもTGRF運営事務局に聞いてみました。

TGRFも事前のチケット購入形式にすればイベント自体もう少し落ち着いてできると思うんですよね。

 

 

TGRF運営事務局からは誠実にもメールに返信してもらえたので回答についてまとめるとこんな感じ。

  • 2016年は先着順で販売するサーキットサファリは定員数を増やします
  • 抽選で参加者を選ぶ同乗走行の抽選会も遅めのお時間でも参加できる時間に設定します。
  • 抽選券を増やす等の対応を行う予定です。
  • ドリフト同乗など各回ごとの抽選を昨年より抽選券を増やして対応しようと思います。

とのことでした。

朝6時から開始するぐらいなら事前抽選でもよくて抽選にするなら朝の開始時間を遅らせて欲しいなと思ってました。

2016年もサーキットサファリ券は入手できないとは思いますが同乗体験の抽選券はゲットしたいですね。

 

 

TGRFのイベント 抽選方法と参加条件まとめ

  • TGRFの「サーキットタクシー」「レーシングカー同乗体験」は朝6時から抽選券の配布
  • TGRFの「サーキットサファリ」は朝6時から販売
  • TGRFでは上記3つのイベント以外は開始1時間前に抽選もしくは受付

2016年に向けては改善を考えているとのTGRF事務局さんの回答でしたが、現時点では事前チケット販売という形はとらないんですね。
なにせ昔と違って4万人越えですからね。

スーパーGT並みの混雑の中、期待してTGRFに参加してイベントを抽選に外れて眺めるだけで終わったらがっかり感だけ残して帰ることになるんですよねぇ。

乗れれば満足して

できればニスモフェスティバルと同じ事前チケット制にしてくれるとありがたいんですけどね。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です