車買い替えQA

高い買い物だからこそ気にしたい!車を買い替えるベストタイミングとは?

車を買い替えたいと思った時に、今乗っている車を売却しようと考える人は多いでしょう。新しい車に乗りたいと思った時に買い替えるのもいいのですが、よりお得に売却することができる時期に乗り替えるというのも、車という高い買い物をする際には重要なことになります。今回は車を買い替えるタイミングについて解説します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


車の買い替えは車検の時期で考える

車を購入すると、初回は3年、その後は2年ごとに車検を受ける必要があります。

車検を受けるにも無料で受けられるわけではありません。

法定費用のほかに車検代行費用や整備費用などがかかってきます。

車検を受ける場所にもよりますが、整備工場やディーラーなどに頼めば相場としては10万円~という高額の車検費用が必要になるのです。

そのため、車検を受けてすぐに売ってしまうというのは、車検代が無駄になってしまうのであまりおすすめしません。

買い替えを考えていないのに無理に車検の時期がくるからと買い替える必要はありませんが、そろそろ買い替えをと考え始めたのなら車検の時期を意識するといいでしょう。

車検が切れる直前に売却するのが損をしないタイミングです。

車検を通した後に売却するとその分買取価格は上乗せされますが、その上乗せ額よりも車検を通す費用の方が高くつきますから、車検が切れる直前に売却する方がトータルで見てもお得です。

 

走行距離で見る車の買い替えタイミングとは?

走行距離というのも重要なポイントになります。

一般的に1年1万キロで走行距離は考えられています。

あまり走りすぎていても走らなすぎていても買取価格は下がってしまうので注意が必要です。

基本的には5年5万キロ、10年10万キロというのが買取価格が下がるタイミングだと言われているので、乗り替えたいと思った時に走行距離が4万キロ~5万キロの間ぐらいなら、売却するタイミングとしてはいいのではないでしょうか。

5万キロをすでに過ぎているなら10万キロを超える前に乗り替えた方がお得です。

10万キロを超えるとガクンと買取価格は落ちますし、タイミングベルトというエンジンの吸気と排気のタイミングをコントロールしているベルトを交換する必要性も出てきます。

そうなると余計な費用がかかりますから、10万キロを超える前に乗り替えた方がいいでしょう。

タイミングベルトだけでなく、走行距離が長くなればそのほかの部品も劣化してきますから、メンテナンスという面でも10万キロがボーダーだということが言えます。

 

車の買い替えタイミングで税金が安くなる?

車には自動車重量税という税金がかけられています。

これは、車の区分や重量によってかけられている額は違ってくるのですが、車を所有してからの年数も関係してくるのです。

一般的なガソリン車であるなら所有してから13年、ディーゼル車の場合は所有してから10年で自動車重量税が高くなります。

その額は10パーセントほど高くなってしまいますので、ガソリン車なら13年を超える前に乗り替えてしまった方がいいでしょう。

エコカーに乗り替えることで、自動車重量税は安くなりますから、そのような面でもお得になります。

重量税は車検時に法定費用として必ず必要になる節約のできない費用です。

そのため、少しでもお得にしようと思うのなら、13年を超える前の乗り換えがタイミングとしてはベストです。

税金等面だけでなく、長期間乗り続けるとどうしても劣化してきてしまいます。

そろそろ性能に不安がと思いつつも、なかなか乗り替えのタイミングが掴めないと悩んでいる場合には、税金の上がるタイミングで思い切って交換するというのもいいのではないでしょうか。

 

車の買い替えタイミングは3年ごとに考える

車の買い替えは3年ごとに考えるという方が多くいます。

これには理由があって、2年落ちや3年落ちの新車の場合は高額な査定が期待できるからなのです。

新モデルで購入したという場合は、3年経てば中古市場の需要の高まりも見込めます。

発表時は高くて買えなかったけれども、中古で安く買いたいという顧客が増えるので買取価格が高額になる可能性があるのです。

また、新車で購入している場合は3年未満なら車検を受けずに売却することもできるので、その点でも3年というタイミングは乗り替えには適しているでしょう。

3年で売らなくても、新車で買った車を高く売却したいのなら6年目までが大体の目安になりますので、6年という年数も頭に入れておいてください。

6年未満の車であるならば、故障などのトラブルが起こりにくく、中古販売店でもある程度は高値で買い取ってくれるでしょう。

 

タイミングを見計らって賢く買い替えよう!

このように、車の買い替えにはさまざまなタイミングがあります。

賢く乗り替えるためには、一番いいタイミングを見計らうということも必要になりますから、自分がどのぐらいの年数その車に乗っているのか、どのぐらいの走行距離なのか、車検の時期は、ということをしっかりと把握しておきましょう。

そうすることで、どのタイミングが一番いいのか検討することができます。

色々な条件を考慮しながら納得できるタイミングで車の乗り替えをして、良い車の乗り方をしてください。

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です