車買い替えQA

車の買い替えで車庫証明は必須?取得時の注意ポイントは?

所有している車を売却、または廃車にして新しい車を買い替える時、色々な書類を用意しなければいけません。その書類の種類の一つが車庫証明です。車庫証明書とは、いったいどのような書類でどのような取得方法なのでしょうか。今回は車庫証明書の特徴、取得時の注意点などについて解説します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車庫証明は普通車への買い替えで必要

車の買い替えの際に必要な車庫証明とは、いったいどのような性質を持つ書類なのでしょうか。

車庫証明とは、正式名称が自動車保管場所証明書といい、文字どおり車の所有者が車を保管するスペースを確保しているか、ということを証明するための書類です。

ご存知の通り車というのは、公共の道路やスペースなどに勝手に駐車することは法律で禁止されています。

一時的に公共の有料、無料駐車場に駐車することは可能ですが、自宅にいる間は自分で駐車場を確保しなければいけません。

そして車は普通車の場合、保管するスペースを確保していないと、購入ができない決まりになっています。

そのため普通車を購入する際は、販売店などに駐車場を確保している証明である車庫証明を提出しなければいけません。

しかし軽自動車は地域によって車庫証明の提出が必要ないこともあります。

車庫証明の取得方法は、保管場所の住所付近の警察署に出向き申請をし、警察に保管場所の確認をしてもらいます。

保管場所の了解が得られる条件は、自宅から2km以内であること、そして車を駐車できるスペースが十分にあるかということです。

これらの条件を満たし必要書類をいくつか提出すれば車庫証明が発行されます。

車庫証明書の交付は有料で、申請時に手数料として2,100円ほど、交付時に500円ほどかかります。

車庫証明は、普通車の初めての購入、買い替え、あるいは住所変更の際に販売店などに提出する書類です。そのため普通車の購入前には用意しなくてはならない書類なのです。

 

車庫証明に登録する車はだぶっても大丈夫?

車の買い替え時に起こる問題で「売却や廃車にした旧車と新しく購入した車の車庫証明登録情報が重複する」ということがあります。

自宅、あるいは近所の月極駐車場などに車を常時駐車している場合、車の買い替えに合わせて駐車場も変える、という方は滅多にいません。

よって買い替え後も同じ駐車場の使用を継続しますが、売却や廃車で手放した車の情報が抹消されるまでの時期、そして買い替えで新たに購入した車の納車日までの数日間、この二つが重複している場合、車庫証明の登録上では同じ駐車常に2台の車が駐車場を利用していることになります。

もちろん旧車は売却や廃車で手放しているため駐車場には駐車されていないのですが、登録上では駐車場の利用が継続中なのです。

2台の車がひとつの確保スペースを使用するのはもちろん禁止されているので、書類上では違反行為になります。

しかし、この場合の重複は、買い替えで車庫証明を申請する際に警察に事情を報告をすれば問題はありません。

車を手放した日、そして買い替えで購入した車の納車日を伝えれば、警察も事情を了解してくれます。

しかしこの重複の報告を忘れると、問題を指摘されるなどの手間がかかるため、重複に関しては必ず警察に報告しましょう。

 

賃貸駐車場で車庫証明を取ることはできる?

賃貸アパートやマンションの駐車場、近所の月極駐車場を利用されている方も、車庫証明の取得が可能です。

そのためにはその駐車場の管理人、所有者にお願いをする必要があります。

駐車場はその所有者、あるいは不動産会社が管理人として管理しています。

そのどちらかに頼んで「保管場所使用承諾証明書」という書類を発行してもらいます。

この書類は駐車場の管理担当の方が「駐車場を利用することを許可する」ということを証明する書類です。

必要事項を記入し印を押したこの書類、またいくつかの必要書類を警察に提出すれば、車庫証明を交付してもらえます。

駐車場の管理が不動産会社である場合、会社によっては記入手数料がかかる場合もあります。

有料か無料であるか事前に確認することも大事です。

 

またアパート、マンションにお住いの方は、賃貸契約書の数々の項目の中に駐車場に関することが記載されている場合があります。

駐車場番号、所在、賃料など駐車場に関する細かい情報が記載されている場合、その部分だけコピーすれば保管場所使用承諾証明書の代わりになります。

 

手間のかかる車庫証明はポイントを押さえてスムーズに登録を

車庫証明は「私は所有車を保管するスペースを確保している」ということを証明するために必要な書類です。

この書類がなかったら普通車の購入、買い替えはできません。

そして車庫証明を交付してもらうには、いくつかの必要書類を用意する必要があり、その書類一つひとつも用意するのは手間がかかります。

また自己で保管スペースを持っている場合と、マンションやアパート、月極駐車を利用する場合では、車庫証明を申請する際に用意する必要書類に違いがあります。

車庫証明を交付するために必要なことは、交付するために事前にどんなものを用意しどんな手順をふめばいいのか、としっかりと情報を整理することです。

販売店などで代理で行ってくれるところもありますが、この場合は手数料がかかる場合もありお金がかかります。

自身で車庫証明の知識を頭に入れておくと、準備から交付までスムーズに行うことができ、お金もかかりません。

 

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です