車買い替えQA

車の乗り換えでどうなる?保険の等級に関するあれこれ

自動車保険契約で大きな特徴となっているのが等級システムです。この等級は自動車保険契約の年間保険料と密接な結びつきがあります。車の乗り換えや名義人が変更となる際に等級がどのように変化するのか気になる方も多い事でしょう。そこで、今回は契約更新で等級や保険料がどのように変化するのかを紹介していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車を乗り換えると保険の等級はリセットになってしまう?

自動車保険にはノンフリート等級と呼ばれるシステムが採用されており、一定の条件に従って保険料の割引や割増があります。

契約期間中に定められた保険サービスの利用があった場合は等級が下がって割増しとなり、無ければ次の契約からは等級が上がって保険料の割引率がアップします。

一般的に新規契約の場合は6等級からスタートし、契約更新を繰り返すことにより、最高で20等級まで上がる仕組みです。

この等級に関する情報は各保険会社間で共有されており、新車購入時や事故などの際に車の乗り換えを行ったとしても、事故歴や割引率 はリセットされずに引き継がれます。

なお、割引率や事故歴が等級に反映されるタイミングは契約更新時です。

契約を更新するタイミングや事故歴によっては、保険料に影響が出ることもあるので、車を乗り換える際や事故があった年度の保険会社の乗り換えなどには十分な注意が必要となります。

 

等級の高い家族がいたら乗り換えのチャンス!

ノンフリート等級は6等級からスタートするため、新規契約を結ぶ場合の保険料は割高となってしまいます。

しかし、等級は一定の条件を満たせば家族から引き継ぐことが可能です。

仮に20等級の保険契約を持つ父親が、息子に車を譲渡するタイミングを境に運転をしなくなるといったシチュエーションの場合、手続きを行って息子に保険の等級を引き継ぐようにすれば、息子が父親の等級を引き継いだ状態で保険契約をスタートすることができ、保険料を大幅に安くすることができます。

等級を引き継ぐ際の条件は、同居する親族であること、満期日から7日以内に乗り換えることに加え、保険証書、運転免許証、車検証などが準備できることです。

手続きはネットやコールセンターなどを通じて行うことができます。

同じ補償内容でも、6等級と20等級では割引率が大きく異なるので、等級の引継ぎが可能な状況であれば、迷わず、手続きをするようにしましょう。

 

しばらく車を運転しない場合の保険はどうする

車を廃車にしたり人に譲ったりしてしばらく運転しない場合は「中断証明書」を取得しましょう。

自動車保険の等級は引き継ぐことが可能ですが、満期日から7日以内に更新手続きが行われなかった場合、等級の権利が消滅してしまいます。

しかし、車をしばらく運転しない場合でも、現在加入中の保険会社に連絡をして、中断証明書を発行すれば等級の引き継ぎ期間を延長することが可能です。

中断できる期間は、海外赴任や廃車など、それぞれの理由により異なってきますが、いずれの保険会社でも数年間は手続きすることにより、等級をホールドすることができるようになっています。

中断証明書の発行を受けられる条件は、7等級以上あること、契約車両の譲渡や廃車の手続きが済んでいることなどです。

また、手続きには廃車などを証明する書類、中断前の自動車保険証券のコピー、中断証明書発行に関する依頼書などが必要となります。

将来的に再び車の運転をする予定のある人は、これらの手続きを踏んで契約を解除せずに等級を維持しておくようにしましょう。

 

保険の等級は保険料の高さにつながるので要チェック

契約更新時などに、ほかの保険会社に乗り換える場合でも、現在の等級を引き継ぐことができます。

ただ、契約期間中の保険利用状況などによっては引き継ぐタイミングが異なるので注意が必要です。

現在契約中の補償期間内に事故などが無く、満期で保険会社の乗り換えをした場合は、次の保険会社との契約スタート時に等級がアップし割引を受けられます。

しかし、満期日を迎える前に保険契約の乗り換えを行った場合は、次の保険会社でも現在の等級を引き継いだ状態で保険契約がスタートするので注意しましょう。

つまり、特に事故などが無かった場合は、満期日に合わせて保険会社の乗り換えをする方が、等級の上がるタイミングが早くなり割引を受けやすくなるということです。

現在の補償期間内に事故があった場合は、次の契約更新時に等級が下がります。

そのため、事故があった際の契約更新や保険会社の乗り換えは満期日にすることで等級が下がるのを遅れさせることはできます。

しかし、一時的に等級が下がるのを遅らせても、等級が上がるタイミングも同時に遅くなってしまうといったデメリットもあるので、乗り換え後の保険会社の方が等級の割引以上に保険料やサービス面で乗り換えメリットが出るのであれば、契約期間中であったとしても解約して保険会社の乗り換えも検討しましょう。

以上のように自動車保険の年間保険料は等級によって大きく変わります。

保険会社を乗り換える際、車のオーナーが変わる際、運転を一時中断する際などには、うっかり等級を失効してしまうことも少なくないので、引継ぎには十分に注意するようにしましょう。

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です