車買い替えQA

準備はOK?普通車を売却するときの必要書類いろいろ

そろそろ車を買い換えようと検討中の方は、今の車を売却してそれで得たお金を新しい車の資金にあてよう、と考えている方もいることでしょう。ところで車を売却する場合はどのような必要書類を用意すればいいのでしょうか。今回は普通自動車の売却の際に揃える、必要書類について解説します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

普通車売却時の必要書類1.基本の書類

普通自動車を売却の際、最低限用意しなければいけないものは、自動車検査証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、実印、振込口座に関する情報です。

自動車検査証は、保安基準に達していると証明するための検査証です。

車検などの時にその検査証に記載されている車の情報が正しいものであるか、確認する際にも必要なものです。

この書類は車を購入する際に発行されます。

印鑑登録証明書は、事前に役所へ出向き用意しなくてはいけません。

買取業者によっては2枚の提出を希望するところもあります。

自賠責保険証明書は、車を購入する際に加入する保険で、車の運転時は常に携帯していなくてはいけない証明書です。

自動車納税証明書は、所有している車にかかる税金を納税したことの証明書です。

納税をしているか確認するために提出しなければいけませんが、買取業者によっては、未納のままでも売却を受け付けるところも一部ではあるようです。

しかしその場合は査定額に大きく影響します。

そして契約の際に使用する判子は、役所へ届け出て登録している実印でなければいけません。

認印やシャチハタは不可です。

そして売却が成立した際の金額は、後日売却者の口座へ振り込まれます。

そのため銀行、郵便局の支店や口座番号などの情報も必要です。

 

普通車売却時の必要書類2.場合によって必要になる書類

普通自動車の売却の際、場合によっては買取業者から提出をお願いされる書類もあります。

そのため場合によっては先述した必要書類以外にもいくつか用意することになります。

まずはリサイクル券です。

車を購入する際、購入者は自動車リサイクル法に基づき、リサイクル料金を支払うことになっています。

そのリサイクルを支払った証明書がリサイクル券です。

このリサイクル券を売却時に提出すれば、支払ったリサイクル料は返金されます。

ただしリサイクル料金が返金されるのは、リサイクル料金を預託している方のみです。

そして車を購入した後に引越しをして住所変更をされた方は、住民票を用意する必要があります。

車検証と印鑑登録証明書の住所が当時と今では変更があったことを証明するために、買取業者に提出して証明しなくてはいけないからです。

また結婚や離婚をして姓の変更があった方は、戸籍標本の提出も必要です。

それぞれを役所などに出向いて用意する必要があります。

 

普通車売却時の必要書類3.販売店が用意する書類

売却をして手放すと、当然ながら売却者はその車を所有する権利を失います。

その権利を抹消する公式な手続きとして、売却者は売却対象の車の名義変更をしなければいけません。

そのために必要なのが委任状という書類です。

売却する車の名義変更は、買取業者が代わりに行ってくれます。

その代理をお願いするために用意する書類が委任状なのです。

委任状は買取業者が用意してくれるので、売却者はその委任状に必要事項を記入するだけです。

 

そして車の売却が成立し、その売却された車の買い手が見つかった時に、「この車はいつ誰が譲渡したか」ということを証明するための書類を作成しなくてはいけません。

その書類を譲渡証明書といいます。この証明書も買取業者が用意してくれるので、売却者は記入のみです。

委任状、譲渡証明書ともに売却者の実印の印が必要です。この書類作成の際は、実印の用意をするようにしましょう。

 

必要書類を紛失してしまった場合はどうする?

車の売却には幾つかの必要書類の用意・提出をしなければいけませんが、もしその必要書類を紛失してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

 

自動車検査証を紛失してしまった場合、車を購入した販売店などに再発行のお願いをする、または自分で陸運局に問い合わせて再発行するという方法があります。

販売店などで再発行のお願いする場合は、店側が用意した委任状、理由書に必要事項と認印を押し、店側に再発行の代理をしてもらいます。

自分で行う場合は、陸運局に必要事項と認印を押した委任状、理由書、手数料納付書、申請書を提出し、そして身分証明書を提示して再発行の申請をします。

再発行にかかる費用は陸運局で申請する場合は300円、販売店などにお願いする場合は300円に加え、手数料を取る店もあり、その費用は店によって異なります。

 

納税証明書を紛失した場合は、自動車税管理事務所、あるいは各都道府県の税事務所にて再発行の申請をします。

必要なものは自動車検査証と印鑑です。

申請書に必要事項を記入し印鑑を押して、自動車検査証があることを提示し、申請書を提出します。再発行の際の料金はかかりません。

 

自賠責保険証明書を紛失した場合は、加入している保険会社か加入手続きをした販売店などにお願いします。

手続きは再交付申請書に必要事項を記入し印鑑を押し、身分証明書のコピーを申請書と一緒に提出すれば、1週間ほどで再発行されます。再発行料は無料です。

 

再発行は有料の場合も… 必要書類はしっかり保管!

普通自動車を売却するには色々な書類を揃える必要があります。しかし車の購入時にもらう各書類は、どこかにしまってそれっきり、という方も一部にはいます。

売却などの際に必要書類が見つからない、なくしてしまったという場合は、再発行をしなければいけません。

そのため手間と場合によっては費用もかかります。

いざという時のために各書類はしっかりとわかるところに保管しておきましょう。

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です