車買い替えQA

中古車の購入に印鑑証明は必要?必要なケースといらないケース

中古車を購入するときは、ただ販売店に顔を出してお金を払えば購入できる、というわけではありません。中古車を購入するには、事前に色々な書類を揃える必要があります。そして場合によっては印鑑証明が必要な時もあります。今回は中古車の購入と印鑑証明の関係について解説します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

中古車購入で印鑑証明が必要なのはどんなケース?

四輪の中古車は、大型トラックなど特殊なものを除くと、一般的な方々が購入する自動車は普通自動車と軽自動車の2種類です。

そのうち普通自動車の中古車は、購入の際に印鑑証明と実印を用意しなくてはいけません。

 

なぜ車の購入に印鑑証明が必要なのかというと、車は「資産」としての扱いをされるからです。

資産とは法律上、資本にすることができる財産という定義をされています。

一般的には土地や家などの不動産が資産というイメージがありますが、実は車も資産として位置付けられているのです。

そして資産を取り扱う際は、色々な書類に記入に判子を押さなければいけませんが、その際の判子は役所に登録をされている実印を使用しなければいけません。

そのため資産扱いである普通自動車は、中古車であっても購入の契約の際は実印、そして実印であることの証明である印鑑証明が必要となるのです。

そして普通自動車は、購入だけでなく名義変更、廃車手続きの際も実印と印鑑証明が必要です。

また購入など一連の契約の際に用意する印鑑証明は直近三カ月以内に発行されたものでなければいけません。

 

そのため欲しい中古車が普通自動車である場合は、事前に印鑑証明の取り寄せをして販売店に持参する必要があります。

また実印を持っていない場合は、役所へ行き実印登録、そしてその登録をした印鑑証明を発行して用意しなくてはいけません。

 

中古車購入で印鑑証明が必要ない場合もある

中古車購入の際、印鑑証明の用意が必要ない場合もあります。先述した通り、中古車の普通自動車を購入する際は印鑑証明が必要ですが、それは個人で現金一括の支払いをした場合です。

支払いが現金ではなく自動車ローンを組んでの支払いの場合は、印鑑証明は必要ありません。

自動車ローンの契約をすると、ローン会社はローン支払いの延滞、貸し倒れを避けるリスク回避のために、自動車そのものを担保にする方法をとっています。

そのため自動車を担保にすると、その自動車の所有者は名義上だけは自動車ローン会社となるのです。

自動車ローンを返済している間は、名義上だけはローン会社が自動車の所有者となるので、本来の所有者である購入者は所有者でない扱いとなり、実印と印鑑証明を用意する必要がないのです。

自動車の名義がローン会社となる期間はローンが完済するまでです。

ローンが完全に終われば、晴れて名義が購入者のものになります。

また軽自動車購入の際も、実印と印鑑証明は必要ありません。

軽自動車は、普通自動車と違い法律的に資産としての扱いにはならないからです。

用意する書類は住民票などで、判子も実印ではなく認印ですみます。

 

印鑑証明の取得方法はしっかり覚えておこう

中古の普通自動車が欲しいけど、購入の際に必要な実印を持っていないという方は、まずは実印を作成しないと印鑑証明も発行できません。

実印は、まず実印と認められている印鑑を入手し、役所へ行き登録をしてもらいます。

登録するには身分証明書が必要です。

持参した実印を印鑑登録してもらい、登録が済んだら印鑑証明を発行申請すると印鑑証明が取得できます。

実印登録から印鑑証明発行まで、役所が混んでいなかったら20分ほどですべて完了します。

しかし実印登録の元となる実印は、通常の認印などと違い立派なものなので、注文してから最長で2日ほどかかる場合があります。

値段は安価なものは1,000円ほど、高級なものは1〜2万円ほどします。

実印登録はしているけど直近三カ月の印鑑証明は持っていないという方は、中古車購入に備え忘れずに発行してもらいましょう。

実印登録をしている方は、役所から「印鑑登録カード」というカードをもらっています。

このカードがあれば申請書に記入して申請提出する必要もなく、役所へ行かなくても近所のコンビニやキヨスクのマルチコピー機で発行が可能です。

またこのカードがあれば本人でなくても代理人が使用して発行してもらうこともできます。

 

印鑑証明が必要なケースをしっかり把握しておこう

中古車を購入する場合、印鑑証明と実印が必要なケース、あるいは必要でないケースがあります。

購入しようと予定している車が印鑑証明が必要かどうか、しっかりと把握することが大事です。

印鑑証明が必要ないのにいると勘違いして、わざわざ役所まで行って発行してもらった、という失敗がないようにしましょう。

また印鑑証明が必要だとわかっても焦ることはありません。

もし実印がなくても印鑑登録はそれほど時間はかからない作業です。

また印鑑証明をすでにしている方は、印鑑登録カードさえあればすぐ近くのコンビニで簡単に発行ができます。

購入予定の車が印鑑証明が必要かどうか、また印鑑証明の発行の仕方など、購入前にしっかりと知識を頭に入れておくことが重要です。

 

 

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です