車買い替えQA

軽自動車を売却するときに必要になる書類一式

皆さんの中で軽自動車の売却を検討している方はいますか。売却手続きが初めてだとどうすれば良いのか戸惑ってしまいますよね。
軽自動車を売却したい時にはどのような手続きが必要なのでしょうか、何の書類を持っていけば良いのでしょうか。
今回は、軽自動車を売却する時に必要な書類について解説したいと思います。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

販売店に売却するときの必要書類とは?

軽自動車を販売店で売却する時に必要な書類は、自動車検査証・自賠責保険証明書・軽自動車税納税証明書です。そのほかにリサイクル券や振込口座情報と認印も持参しましょう。

自動車検査証は、車の戸籍謄本のようなイメージで、常に車内に携帯することが義務づけられているものです。万が一、紛失している場合は、運輸支局で再発行してもらう必要があります。

自賠責保険証明書は、車検のたびに次の車検時までの加入手続きを行う時にもらう、保険会社の加入証明書です。

軽自動車納税証明書は、毎年5月頃までに送付される証明書です。毎年5月末までに納める義務のある軽自動車の納税を納めていたことを証明する為の書類となっています。

リサイクル券とは、自動車リサイクル法に基づいたリサイクル料金を払ったことを証明するための書類です。

なお、持参する印鑑については、実印でなくて構いませんが、シャチハタは使用できません。認印を用意するようにしましょう。

これらの書類は自分で用意して販売店に行きましょう。軽自動車を売却したあと、次のオーナーに名義を変更するために記入の必要がある自動車検査証記入申請書についてはお店で用意してくれるため自分で用意する必要はありません。

 

個人売買で名義変更する際の書類とは?

軽自動車を個人で売買した場合、軽自動車の名義変更を行うにはどうすれば良いのでしょうか。

ネットオークションで落札をした場合など、旧所有者が揃えるべき書類がそろっている場合は良いですが、知人などか軽自動車を譲り受ける場合は、書類も揃えてもらえるようにお願いする必要があります。

軽自動車の名義変更は、必要書類を持って地域の軽自動車検査協会へ行き手続きを行いますが、軽自動車協会で書類を記入するのは時間がかかって大変なので、あらかじめ必要書類の記入を済ませておくのが良いでしょう。

地域の軽自動車検査協会というのは軽自動車使用の本拠地、つまりは自宅の住所を基準に考えましょう。

車庫が自宅とは別にある場合は気を付けて下さい。

持っていくべきものとしては、自動車検査証・住民票・軽自動車検査協会の管轄が変わる場合はナンバープレート・新旧所有者の印鑑です。

印鑑は、認印で構いません。

なお、軽自動車検査協会の管轄が変わる場合はナンバープレートを持参すると書きましたが、同じ管轄の場合、ナンバープレートは変える義務はありません。

しかし、変更の希望があるのなら新しいナンバーに変えることもできます。

住民票などの公的書面の有効期限は3か月なので、期限が切れないうちに提出するようにしましょう。

 

軽自動車検査協会で記入する書類とは?

軽自動車検査協会に提出する書類のほかに、協会の窓口で入手して記入しなくてはいけない書類には、自動車検査記入申請書や自動車取得税・軽自動車税申告書といったものが挙げられます。

自動車検査記入申請書は、軽自動車の新旧の所有者や使用者の氏名や住所のほか、車検証にある情報を書くだけなので難しくはありません。

そのほかに、軽自動車の所有に際して必要になる税金の申請書である、自動車取得税・軽自動車税申告書を記入して協会に提出しなくてはいけません。これらの書類には新旧所有者の印鑑を押印して提出する必要があります。

 

買取店への売却と個人売買では手続きにかかる手間が違う

軽自動車を売却する際に必要な書類について、買取店の場合と個人売買の場合についてご紹介してきました。

買取店で売却する場合は、自動車検査証・自賠責保険証明書・軽自動車税納税証明書のほかに、リサイクル券や振込口座情報、認印が必要でした。

必要な書類を持って買取店に行けばあとは専門のスタッフが売却の手続きを行ってくれるので、個人的負担はあまりないといえます。

しかし、一方の個人売買は、すべての手続きを自分たちで行わなくてはならないという手間がかかってしまいます。

例えば、軽自動車の売却に際して、名義変更を行う際には販売店の場合はそのお店が個人に代わってその手続きを行ってくれるので、その際の費用もほとんどかかりません。

しかし個人で行う場合は、旧所有者と新所有者の両者によって名義変更手続きをしなくてはいけなくなります。

売却するための書類に加えて、新しく軽自動車の所有者になる人の書類も揃えて軽自動車検査協会に行く必要があるので面倒になります。

売却に際して必要な書類も増えてしまうということが分かります。

買取店で売却する際と比べると、個人売却をする場合は、必要な書類と手続きの手間が変わってきます。買取店で売却手続きを行う方が楽であるといえるでしょう。

面倒なやり取りをしたくない、軽自動車の売却手続きは簡単に済ませたいという方には、買取店で売却をするほうが良いといえます。

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です