車買い替えQA

車を購入する際に印鑑証明が必要になるのはどんなケース?

自動車を購入すると色々な手続きがありますが、印鑑証明書が必要となるケースがあります。印鑑証明書自体、あまり馴染みのないものなので、どのように取得すれば良いか分からない人も多いでしょう。ここでは印鑑証明について簡単に解説し、取得方法も紹介するので是非参考にしてみて下さい。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

印鑑証明とは?

印鑑証明とは書類に押してあるハンコが、あらかじめ登録した印鑑と同じものであることを証明するために役所が発行した書類です。

自動車を購入するときや、公正証書を作成するときなどは実印が必要ですが、それは印鑑登録したハンコでなければなりません。

自動車のように高額な商品の取引を行う時には、印鑑の信ぴょう性が非常に大切です。

自動車購入の際に書類に押した印鑑が、購入した本人と結びついているのかを証明します。

そのときに印鑑証明も一緒に提出して、書類に使用したハンコが本人のものであることを示すのです。

ところで、実印と印鑑証明の違いが分からないという声が時々あります。

実印というのは「ハンコそのもの」であり、印鑑証明は「そのハンコが実印であることを他の人に証明するための書類」となります。

実印を販売しているお店でハンコを購入して、何も手続きをしないまま書類に判を押しても、それは単なる認印にすぎません。

ハンコを購入するとともに、役所に行って印鑑登録の手続きを行ったうえで、そのハンコが実印としての役割を果たすのです。

 

車の購入で印鑑証明が必要なのはどんなとき?

自動車を購入するときには印鑑証明が必要と述べましたが、車の種類によっては印鑑証明が不必要なケースがあります。

それは軽自動車を購入する場合であり、印鑑証明の代わりに住民票を提出すればOKです。

普通乗用車を購入するときには資産として国に登録しなければならないため、新車や中古車に関わらず契約書の印鑑が本人のものであることを証明するために印鑑証明の提出が必要です。

一方軽自動車は資産とみなされないため、印鑑証明の提出は不要なのです。また、印鑑証明書は発行から3カ月以内のものを用意しておきましょう。

ところで、普通自動車でも印鑑証明が不要なケースも一部あります。

それはディーラーローンを組んで普通自動車を購入した場合です。

ディーラーローンを組むと、車検上の所有者がディーラー或いは信販会社になります。

すると購入者の印鑑証明は不要となり、代わりに住民票を用意します。

今まで乗っていた自動車を買取店で売却して、新しい自動車をディーラーで購入する場合は印鑑証明は2通必要です。

では同じ店舗で下取りと購入を行ったら、印鑑証明は1枚で良いかというとこの場合も2枚用意しなければなりません。

同じ店舗で売買する場合でも、中古車と新車で名義変更を行うため、2枚必要であることを覚えておきましょう。

また、車を購入すると自動車税や自動車重量税が発生することも合わせて知っておきたいことです。

 

印鑑証明の取得方法とは?

印鑑証明書を取得するためには印鑑登録カードが必要です。

印鑑登録カードがあれば、身分証明書なしで印鑑証明書を発行できます。

もし印鑑証明書を初めて取得するならば、先に市区町村役場に出向いて、印鑑登録の手続きを行わなければなりません。

証明書発行手続きは市区町村役場などで行います。

書類の発行の手続き自体は3~5分程度で済むので、それほど待たされることはないでしょう。

発行手数料は1枚当たり300円です。

因みに住民基本台帳カードやマイナンバーカードがあれば、コンビニエンスストアなどのマルチコピー機で取得可能です。

また印鑑証明書は本人だけでなく、代理人による申請・発行も行えます。

本人の印鑑登録カードを持参すれば、委任状なしで証明書を取得できます。

市区町村役場の証明書自動交付機に印鑑登録カードを差し込んで暗証番号を入力すると取得することができます。

このように、印鑑証明書の取得はそれほど難しくありません。

 

あらかじめ印鑑登録の手続きをしておこう

印鑑登録の手続きには、実印・身分証明書が必要です。

実印は近所のハンコ屋やインターネットで購入すると良いでしょう。

ただしシャチハタや三文判などゴム印で変形しやすいものは、実印として原則認められません。

印鑑の大きさも規定があり、8mmの正方形枠内に入る小さなものや、25mmの正方形枠をこえる大きなものも使うことができません。

更に他の人が既に登録しているハンコや、印影の文字が判読できないものも不可です。

身分証明書は運転免許証・パスポート・写真付きの住民基本台帳カードなどでOKです。

ただし有効期限が切れていると認められないので、予め確認しておきましょう。

これらの身分証明書を持っていない人は、住民基本台帳カードを取得することをおすすめします。

実印と身分証明書を持参して、住んでいる市町村役場で印鑑登録の手続きを行います。

役場の混み具合にもよりますが、空いていれば手続き自体は5~10分程度で済むのでそれほど時間はかかりません。

印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードを発行してくれるので、それを使えば印鑑証明書を発行できるようになります。

自動車を購入するときには色々な手続きが必要ですが、印鑑登録の手続きをしていないと時間がかかってしまうことがあります。

購入を思い立ったら、早めにあらかじめ印鑑登録の手続きをしておきましょう。

 

 

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です