車買い替えQA

車を売却するときに印鑑証明が必要なのはなぜ?

車の売却時には印鑑証明が必要になることがあります。せっかくいい査定価格がついても印鑑証明で慌てることのないよう、売りたい車に印鑑証明が要るかどうかは事前に確認しておきましょう。そこで今回は車の売却時に必要な印鑑証明について、必要とされる理由を交えながら説明します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の売却で印鑑証明が必要な理由とは?

車の売却の際に必要な書類は、普通車と軽自動車では違いがあり、印鑑証明は普通車の売却時のみに提出が求められます。

というのも、普通車は資産として扱われ、国土交通省において登録や抹消をする必要があるためです。

一方で軽自動車を売却する場合には国土交通省ではなくそれぞれの地域の「軽自動車検査協会」に届け出を行います。

この届出は簡略されたものであるため実印ではなく認印での対応が可能で、住所確認などは住民票を介して行われます。

ただ、普通車の売却に必要な印鑑証明は取得から3カ月以内のものが必要です。

ただ、期限内のものであっても期限まで1~2週間以内の印鑑証明書は買取店では受け付けてもらえないケースもみられます。

というのも買取店は買い取った車をオークションに出して転売することが多く、オークションでは出品時の翌月末まで有効な書類が求められるというのが理由です。

買取店の名義に変更していればオークションに出すことも可能ですが、名義変更には車庫証明等も必要になります。

買取店はできるだけコストと時間をかけずに転売したいことから十分な期限のある印鑑証明を求めてくるのです。

ただ、売却者はその分だけ買取価格にも反映されることもありますので、少しでも有効期限の長い印鑑証明書を用意すると高値で売却ができる可能性も高くなります。

 

実印と印鑑証明の関係も確認しておこう

印鑑証明書というのは、その印鑑が本人の実印であることを公的に証明できる書類です。

そのため実印の陰影や本人の氏名、住所、生年月日も記載されていますので、実印の証明とともに本人確認も行えます。

実印というのは役所で印鑑登録を行った特定の印鑑のことです。車の売却の際には、この印鑑証明は所有者の委任状や譲渡証に押された印鑑が実印であるかを証明するために使用します。

実印には「第三者が保証する身元確認」という意味もあり、実印を押印することは、間違いなく本人がこの契約を交わしたという証明にもなります。

普通車は価格も高いことから資産として扱われていますので、購入や売却には必ず実印と印鑑証明が求められます。

実印は本人を証明するものとしても使われますので、大量生産のできる三文判などでは複写されてしまう可能性もあります。

そういったトラブルに巻き込まれないためにも、できるだけ世界に一つしかない印鑑を実印として使用するのがおすすめです。

 

実印を持つために必ず印鑑登録を行おう

普通車の売却時に必要となる印鑑登録は、市区町村の役所の窓口で手続きができます。

印鑑登録を行うために必要なのは、まず実印として登録するための印鑑です。

先ほど説明したように、悪用されることを防ぐためにもオンリーワンの印鑑が推奨され、多くの人がハンコ店などで販売している手彫りの印鑑を登録しています。

これは、自分で彫ったものであっても実印として登録が可能です。また、本人確認を行うための身分証明書も必要ですので、自動車運転免許証やパスポート、顔写真入りの住民基本台帳カードなどを持参しましょう。

ただ、身分証明書は健康保険証や社員証は使用できません。というのも、印鑑登録は公的に第三者保証がされている書類であるため、公的ではない身分証明書で登録ができないと判断されてしまうためです。

このなかでも住民基本台帳カードは、住民票の発行も簡単に行えるようになるため、取得しておくのがいいでしょう。

実印と身分証明書が揃えば、市町村区役所で必要書類に記入し窓口に提出します。

書類には名前や住所を記入し押印するだけですので非常に簡単です。

窓口が混雑していない場合には、登録手続きは10分程度で完了します。

 

印鑑証明を取得するにはどうすればいい?

一度役所で印鑑登録を行うと、印鑑登録カードが発行されます。

この印鑑登録カードがあれば役所の窓口や発券機で簡単に印鑑証明が取得できます。

印鑑証明は行政サービスコーナーでも取得が可能で、自治体によって差はありますが、発行費用はだいたい300円程度でしょう。

また、最近では印鑑登録カードがあればコンビニやキヨスクのマルチコピー機でも取得が可能です。そのため役所が開いている時間帯に取得に行くのが難しい人でも簡単に印鑑証明が取得できるようになっています。

ただ、引っ越しをした場合には印鑑証明に記載されている住所が現住所と異なってしまいますので、引っ越しの度に印鑑登録を行う必要があります。

 

車を売却するなら印鑑証明は前もって取得しておこう

車の査定価格は売却のタイミングなどによっても差が出ます。

そのため、満足いく売却価格が提示された際、いかにスムーズに売却できるかが非常に重要です。

そういった理由から車の売却を考えている際には前もって印鑑証明を取得しておくのがいいでしょう。

速やかに必要書類が用意できる環境を作っておくことで、少しでも高く車が売却できます。

 

 

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です