車買い替えQA

車の買い替えにまつわる手続きいろいろ

車の買い替えを行うのは、何やら面倒と考えている方は、車の所有者の中にはいるようです。実際、買い替えの際は名義変更に備えて色々な書類の用意など手間がかかります。車の買い替えはどのようにするとスムーズに行えるのでしょうか。今回は車の買い替えの手続きについて解説します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の買い替え手続き1.売却

車の買い替えの際、新しい車の購入費用をつくるために、今の車を売却する方は少なくありません。

車の売却は実際にどのような手続きが必要なのでしょうか。

 

まず最初にやることは売却した際の相場を知ることです。

もし新車を購入予定の場合は、購入先のディーラーの元でも旧車の下取りをしてもらえます。

しかし事前に自分の車の売却相場を把握していれば、ディーラーが出した下取り価格が相場より高いか低いかがわかります。

そのため売却先を探すより先に相場を知ることのほうが重要なのです。

相場を知るにはネットであらゆる情報を見ることです。また所有車の情報を入力することによって、一括で複数の買取業者の売却価格がわかるサービスもネット上では行われています。

たまに相場より高い買取価格を提示する業者もいますが、その場合は買取価格以外に色々な手数料をとる悪質な業者も中にはいます。

そのような業者を見かけたら買取価格の高さに釣られず注意することが大事です。

ある程度相場がわかったら次に買取業者を選びます。

業者は大手の方がサービスも行き届いていて、安心して利用できます。

業者を選んだらその業者に連絡をして契約を結び売却完了です。

売却の際には自動車検査証、印鑑登録証明書(軽自動車は除く)、自賠責保険証明書、自動車納税証明書が必要です。

 

車の買い替え手続き2.購入手続き

買い替えで新たな車を購入する際、気をつける点はどれくらいまで予算の都合がつくか、新車と中古車どちらにするかということです。

いくら自分好みの格好良い車を見つけても、予算をオーバーした車では残念ながら断念したほうがいいでしょう。

車は購入した後も駐車場代、税金、メンテナンスなど維持費がかかるものです。車の格好良いデザインだけに目を取られずに、自分の予算に加え使用頻度など自分の生活にどれくらい必要か、そしてそれに一番見合った車はどれかということをじっくりと考慮することが大事です。

ある程度欲しい車種が決まったら、ネットでその車種の口コミやレビューなどに目を通すことも大切です。しかしネットの意見はどこまで信憑性があるのか不明なので、辛口なレビューなどはあくまで参考程度にとどめておきましょう。

購入したい車が決まったら販売店に行き、試乗や車体チェックをします。実際に乗ってみて乗り心地や操作性を確認することも重要です。

そのあとに見積もりを出してもらいますが、もし見積もりで予想以上の総額が出た場合は、無理をせず購入をやめるか考えることも大事です。

車は決して安い買い物ではないので慎重に考えましょう。

また見積もりは無料で行っているところが多いので、見積もり後に購入を保留する場合は遠慮せずに言うことが大切です。

見積もりで納得したら契約をして、後日納車です。

納車は販売店により違いはありますが、早くて1週間、遅くて約1カ月かかります。

契約の際に持参するものは、普通車購入の場合は実印と印鑑証明書、車庫証明書、軽自動車購入の場合は、住民票、認印、車庫証明書です。

その他の保険は販売店が交付します。

 

車の買い替え手続き3.車両入替手続き

買い替えの際にやるべきことは「車両入替」です。

車両入替とは、自動車を購入した際に行う、加入している自動車保険の契約車両の変更手続きです。

自動車保険の保険証券には、自動車の情報が記載されています。

この情報を買い替えにより新しくなった自動車の情報に変更しないと、事故が起きた場合、その新しい自動車は保険の対象外の扱いとなり保険がききません。

そのために車両入替は大事な手続きなのです。

車両入替の手続きを行うには、買い替え後の自動車の所有者、そして所有している自動車の種類に対し一定の条件(買い替え前の自動車の所有者と同一人物であるかなど)を満たす必要があります。

手続きは、保険会社に連絡をして必要書類を送ってもらい、その書類に必要事項を記入して提出する、または保険会社のホームページにある契約者専用ページから手続きをする方法があります。

手続きの際は、所有車の名称、メーカー、登録番号、型式などを記入するので、所有車の情報を用意しなければいけません。

 

車の買い替え手続き4.廃車手続き

買い替えの際、旧車の処分方法は、売却以外では廃車があります。廃車には3つの種類があり、永久抹消、一時抹消、解体届け出の3つです。

永久抹消とは、車が事故などでもう乗れない状態、あるいは解体をすでに行っている状態の車に行います。

もう二度と乗車できない状態なので、登録された情報は完全に抹消されます。一時抹消は、大きな故障もなくて十分に乗れる状態なのに乗る必要がなくなった車に対して行われます。

一時廃車が行われた車は登録情報を一時的に中止の状態となります。

そして一時抹消を経て「この車はもう二度と使用することはない」と見なされた車は、解体の届け出を出します。

それが解体届け出です。届け出を出された自動車は解体され登録情報も永久的に抹消されます。

 

車の買い替えではさまざまな手続きが必要

車の買い替えは、旧車を廃車、売却どちらにするか、どちらかにする場合はどのような手続きが必要か、または加入している保険の登録情報の変更はどのように行うのか、などやることがたくさんあります。

また新しい車は何を購入しようか、など情報収集もしなければいけません。買い替えの一連の流れをよく把握し、色々な情報を整理することが大事です。

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です