車買い替えQA

車の売却で自動車税は返ってくる?自動車税に関するQ&A

車を所有している方には、車にかかる税金である自動車税を支払う義務があります。自動車税は、年に1回支払うことになっていますが、もしその税金の対象である車を売却した場合、税金の支払いの免除及び還付は可能なのでしょうか。今回は売却した車と自動車税について解説します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

自動車税の還付は車を廃車した場合

自動車税は、ナンバープレート登録された車を所有しているすべての方に定められた納税制度です。

毎年4月1日時点で車を所有している方は、自動的に納税義務が発生し、5月頃に所有者の元に納税通知書が郵送され、その通知書で支払いをしなくてはいけません。

自動車税の税率は、所有する車の総排気量によって異なります。

一番最小の税額は総排気量1リットル以下で2,9500円、その次は0.5リットルごとに数千円ずつ税額が上がっていきます。

また軽自動車は軽自動車税という税金が課せら、自家用乗用車、バイクと区分によって税額は異なり全体的に自動車税より安い税額となっています。

車を持つ方すべてに納税義務がある自動車税ですが、車を何かしらの理由で廃車した場合、自動車税は還付される決まりになっています。

自動車税の納税は翌年3月末日までの税金の前払いなので、支払った後に廃車をしてナンバープレートを抹消した場合、廃車をしたその翌月から3月末日までの自動車税が還付されます。

つまり自動車税を29,500円支払った方が、その年の6月に廃車をした場合、翌月の7月から翌年3月末日までの自動車税が還付されることになります。

29,500円を1年12カ月で割ると1カ月約2,460円となり、7月から翌年3月は9カ月なので約22,000円の金額が返ってくることになります。

 

車を売却すると自動車税は戻ってこないの?

では所有している車を廃車ではなく、売却をした場合の自動車税はどうなるのでしょうか。

廃車と売却は違う行為ですが、所有している車を手放すということに変わりはありません。

所有している車にかかった税金が自動車税なので、その税金の対象である車を手放した場合、納税する義務はないので自動車税は還付されるのでは、という意見を持つ方もいます。

自動車税が還付されるかされないか、の重要な要素は車のナンバープレートです。

自動車税とはナンバープレート登録をされた車にかかる税金なので、廃車をしてナンバープレート登録を抹消した場合、納税義務がなくなります。

しかし売却は、廃車と同じく所有している車を手放すことでありながら、ナンバープレートはそのままです。

そのため車を手放しても、車を購入した日から翌年の3月までの分は、納税をする義務が法的に定められています。よって自動車税の還付はないのです。

 

ただし例外もあります。車の売却を買取業者に依頼するとき、業者は車の状態を見て査定し査定額を決定します。

その査定額の中に翌年3月までの自動車税を上乗せしてくれる、というケースもあります。しかし法律的には元の所有者に支払い義務があり、どの買取業者でも行っているわけではありません。

必ず売却で自動車税が還付されるわけではないので注意が必要です。

 

自動車税が還付されないケースとは?

では軽自動車にかかる軽自動車税は還付される制度はあるのでしょうか。

軽自動車税は軽自動車の四輪自家用乗用車から三輪、総排気量250cc超えの二輪などが納税対象です。

税額は最高額でも1万円以下で自動車税に比べ安いのが特徴です。軽自動車の場合は廃車での税金の還付は行われていません。

そのため廃車で手放しても決められた期限までの納税を行わなくてはいけないのです。

また自動車、軽自動車の両方にかかる自動車重量税という納税制度があります。

自動車の新規登録、そして車検の際に車検証の有効期間分をまとめて納税する税金です。

車検は最初の有効期間は3年、その後は2年ごとなので、他の自動車税のように年に1回ではなく、3年、2年という期間で支払います。

税額は車検に入っている自動車の重量によって異なります。この税金も還付制度はなく、廃車をしても税金が返ってくることはありません。

しかし買取業者に売却をしたときに、査定額の中に税金分を上乗せしてくれる場合もあります。

 

自動車税が未納だと車は売却できないので注意!

納税は国民の義務として支払わなくてはいけないことです。

では自動車税を支払わなかった場合、車の売却はできるのでしょうか。

車を買取業者などに売却する場合、必要な書類なのが自動車税納税証明書です。

売却した車を次の乗り手に譲る時、名義変更をしなければいけませんが、その際に必要なのがこの証明書なのです。

つまり自動車税が未納で納税証明書が手元にない場合、売却は不可能です。

中には未納のまま売却を引き受ける買取業者も一部ではいるそうですが、未納分の清算のため査定額が下がります。

車を手放す場合、自動車税は廃車、売却などによって税金の還付制度がある場合とない場合があります。

車を手放したら必ず税金が戻ってくると思わないように、自動車税の知識を頭に入れておくことが大切です。

 

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です