車買い替えQA

はじめてでも大丈夫!中古車の購入手続きについて学ぼう!

車の購入は、他の買い物と違い大きな金額が動きます。そのため事前に色々な必要書類を準備し、販売店での購入時は各種手続きをしなければいけません。
では実際に中古車を購入する際、どのような準備をしてどのような手続きを行うのでしょうか。今回は中古車購入手続きの方法を解説します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

中古車の購入に必要な書類とは?

中古車購入の際には色々な書類を用意しなくてはいけませんが、購入する中古車が普通自動車と軽自動車、どちらかによって用意する書類は異なります。

普通自動車を購入する際に必要な書類は、印鑑証明書です。

普通自動車は新車・中古車に限らず不動産などと同様の「資産」として扱われるので、契約の際は実印を使用します。

その実印を証明するために用意しなければいけないのが印鑑証明書なのです。

印鑑証明書は直近3カ月以内に交付されたものに限ります。

 

そして車を保管するスペースを確保しているか、という証明になる車庫証明書も必要です。

この書類は警察で申請しますが、販売店に代理で申請を行ってもらうことも可能です。

ただしその場合は代理手数料がかかります。

軽自動車購入の場合は、印鑑証明は必要ありません。

軽自動車は普通自動車と違い資産扱いされないからです。

代わりに必要なのが住民票です。判子も実印を用意する必要はなく、認印でも使用可能です。

しかしシャチハタ、三文判は販売店によって使用不可な店もあるので注意しましょう。

 

流れを見てみよう!中古車購入の契約手続き

中古車購入の際に先述した書類以外で必要なものが、自動車検査証、自賠責保険証明証、委任状、そして契約書です。

しかしこれらの書類は販売店が用意してくれるので、自分で用意する必要はありません。

 

契約をする際に注意する点は、契約書によく目を通すということです。

契約書内の項目の一つに、販売店側が各種手続き、整備にかかった手数料である諸費用の項目があります。

この手数料というのは販売店側が設定するものなので、購入前に行った見積もりと同様の金額であるか確認する必要があります。

また契約書に記載された名義、車体番号なども間違っていないかしっかりと確認しましょう。

そして契約時に疑問に思う点があった場合、積極的に質問をするようにしましょう。

不明な点をそのままにしておくと、納車後にトラブルに発展するという最悪のケースになる可能性もあります。

疑問点を解消するために有効なのが契約書の備考欄です。

この欄に質問により理解できた項目、あるいは店員と交わした口頭での約束などを記入することで、後で契約を見直した際に役立ちます。

また初めて車を購入される方は、車購入に慣れた知り合い、あるいは車に詳しい知り合いに同席してもらえれば、契約がスムーズに行えます。

 

手続きをひと通り済ませ契約内容に納得できたら押印し、契約終了です。

 

契約が終わったら支払手続きへ

契約が終了したら、次は支払いになります。

中古車購入の支払い方法は、現金一括、クレジットカード払い、そしてローンでの分割払いがあります。

中古車購入の際は自動車ローンを利用される方が多いです。

車の購入は決して安くない買い物なので、無理をせず分割払いで、あるいは借金をつくりたくないので一括で、と自分の経済状況を考慮して支払い方法を決定しましょう。

またクレジットカードを持っていない、あるいは自動車ローンの審査に落ちてしまった方で、それでも分割払いを希望する方は、購入した車の販売店の自社ローンを利用する手段があります。

他の自動車ローンより審査も厳しくないですが、金利が他のローンより若干高く設定されているのが特徴です。

大手の中古車販売店では、さらにいろいろなローンプランが用意され、ローン利用者の都合によって色々と選ぶことができます。

 

納車手続きの際にチェックしたいこと

中古車の購入は、契約を済ませてから早くて1週間後、遅くて4週間後に納車されます。

納車された際は、いくつかチェックすることがあります。

まずは書類チェックです。納車された際に車と一緒についてくるのが車検証、自賠責保険証明証、そして車の取扱説明書、整備記録簿です。

車検証と自賠責保険証明書は、運転時に常に携帯していなくてはいけない書類です。

これらの書類が揃っているか、また記載されている項目が間違っていないか、しっかりとチェックしましょう。

次に車体のチェックです。キズやへこみはないか、ボディ、車内などに目を通し不具合がないかチェックすることが大事です。

実際に乗車する前にこれらのチェックを行い、不備な点があれば販売店に報告をしましょう。

 

中古車の購入手続きは時間がかかる!

中古車を購入する際は、事前に必要な書類の準備、契約、支払方法の選択、納車後のチェックとたくさんのことをこなさなくてはいけません。

そのため、準備から契約、納車までたどり着くのにかなりの日数を費やすことになります。中古車購入を決心した際にまずやるべきことは、一連の流れをしっかりと頭に入れておくことです。

そして一度に色々なことを準備するのではなく、一つひとつを確実に行うことです。大きな金額が動く買い物なので、じっくりと腰を据えて一連の手続きを行いましょう。

 

 

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です