車買い替えQA

カーローンの残債があっても車を売ることはできる?できない?

車は非常に高価なものであるため、購入時にディーラーなどでローンを利用する人も多くみられます。そのローンの支払い中に車が不要になった際や、他の車への乗り換えを検討している場合、ローンの残っている車は売却できるのでしょうか。そこで今回はローンが残っている車の売却について解説します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

カーローンの残債がある状態で車を売る方法

現在所有している車のローンの支払いが残っている人は、車の売却ができないと思っている人もいるでしょう。

結論から言うと、カーローンの残債がある場合でも車の売却は可能です。売却した金額で残りのローンの返済ができれば問題ありません。

しかし売却額が足りなかった場合は、その分を現金で支払う必要があります。

 

ただ、車の名義が誰になっているかが重要ですので、まずは車の名義を確認してみましょう。というのも、洋服や電化製品などとは異なり、車は保管管理の責任や所有権が法律によって定められています。

そのため車を売却できるのは所有者のみです。

車の所有者に関する情報は、自動車検査証の中段にある「所有者の氏名または名称」で確認が可能です。

 

この自動車検査証には所有者と使用者が記載されており、カーローンによってはローン会社やディーラーが所有者になっている場合が多くあります。

銀行などのマイカーローンを利用している場合には、ローンの支払い中であっても自分の名義になっていることもみられますが、ローン中の車の売却を禁止しているところもありますので確認しておくのがいいでしょう。

所有者の欄に記載されている氏名が本人や家族の場合には簡単に売却できます。ただ、家族であっても本人の同意を得る必要があり、本人以外が手続きを行う際には委任状を準備しなくてはいけません。

 

所有権が自分にない車を売る方法

ディーラーの自社ローンを利用し、所有者の名前がローン会社やディーラーになっている車を売却する場合には、まず所有権を自分に移す必要があります。

もし、自分に所有権がない車を第三者に売却してしまうと、横領罪や占有離脱物横領罪といった罪に問われてしまう可能性も考えられます。

ただ、所有者の承諾を得て売却した場合には何の問題もありませんので、まずは名義変更を行いましょう。

 

名義変更は買取店でも代行してくれますので、任せてしまうと安心です。

名義変更には車検証とも呼ばれる「自動車検査証」が必要になります。

所有権が自分に変更されると、自動車検査証の所有者の欄が書き直され自分名義の車であることが証明されます。

また「印鑑証明」も必要ですが、代行を任せる場合には新旧両方の所有者の印鑑証明が要ります。

これは発行から3カ月以内のものが有効で、自動車検査証と印鑑証明の住所が異なる場合には、住民票などの引っ越しの記録がわかる書類の提出も求められます。

また、自動車税を収めていることが確認できないと名義変更はできませんので、使用者が自動車税を納めたことがわかる「納税証明書」も必要です。

もし、自動車税の延滞金などが発生している場合には、全てを完納してから納税証明書を発行します。

さらにローン会社やディーラーの押印のある譲渡証明書も必要です。さらに買取店で代行手続きをしてもらうためは委任状への記名押印も求められます。

 

車を売ってもローンの残債が残ってしまう場合の対処法

車の買取価格がローンの残高を下回った場合には、残りの金額を現金で一括で支払うことが求められるケースが多くみられます。

例えばローンの残高が100万円で80万円の査定額がついた場合には残りの20万円を現金一括で支払います。言いかえればローンをその場で完済してくれるのであれば、ローン会社やディーラーも車の売却に応じてくれるのです。

ただ、なかには残高を一括で支払えない人もみられます。

ローンが完済できないことには車が売却できませんので、そういった場合には買取店が組み換えローンを用意していることもあります。

組み換えローンは売却後に残ってしまったローン残高分で新しくローンを組み、分割払いができるシステムです。

組み換えローンを利用することで現金で一括で払う必要がなくなりますので安心して売却ができるでしょう。

こういったサービスは大手の買取店でよくみられます。大手の買取店ではローンが残っている車であっても売れるようなサービスを充実させています。

手続きなどの面倒なことも代行してもらえますので、まずは相談してみるのがいいでしょう。

 

車をいかに高く売ってローンを完済するかがカギ

車はローンの残債が残っている場合でも、所有者であれば売却が可能です。

そのため自分名義でない車はまず名義変更を行いましょう。

ただ、車の買取金額によってはローンの残債を下回り、残りの金額を一括で支払うことを求められる可能性もあります。

買取店によっては残りの金額でローンを組んでくれるところもありますが、少しでも高く車を売ることもひとつの方法です。

査定価格は買取店ごとに差がありますので、少しでも高値で買ってくれるお店を探すのもいいでしょう。

その際、一括査定サイトを利用すると最も高値で買取をしてくれるお店も見つけやすくなります。

また一括査定サイトは相見積もりであるため、業者同士も競い合って高値を付けていますので、高値がつきやすいともいえるでしょう。

そのため車の売却には一括買い取りサイトを利用してみるのがおすすめです。

 

 

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です