車買い替えQA

自賠責保険だけじゃダメ!車の購入で考えるべき保険の重要性

自賠責保険は法律によって全ての運行車両に加入が義務付けられています。それに対して任意保険は未加入でも法律違反ではありません。しかし事故時に、自賠責保険のみでは十分な補償を被害者に対して支払う事ができません。車購入時は任意保険を見直す良い機会であり、その保険の重要性を紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

なぜ自賠責保険だけじゃ不十分なの?

車購入時に加入する自賠責保険は強制保険とも言われています。

この保険は交通事故の被害者に対して最低限の補償を行う、被害者救済を目的とした保険です。

そのため国が法律で加入を全ての車両に義務付けした傷害保険で、補償の対象も自賠責保険に加入した車両の交通事故によって被害にあった人に限定しています。

そのため補償金額も死亡時で3千万が上限となっていて、自動車事故の保険としては十分な補償額を被害者に対して補償する事はできません。

2011年11月には横浜地裁で5億円を少し越える額の賠償判例が出ています。

近年は交通事故によって人や物に対する損害補償が高額になるケースが多く出ており、一つの事故での損害額が億単位の賠償責任判例も増えてきています。

特に被害者に重度の後遺障害が残る場合や高額な商品を積んだトラックとの事故との場合の賠償責任費用は過失内容により高額になります。

任意保険に加入しなかったり、しっかりとした補修内容にしなかった事で高額な賠償金額を支払うため自宅を売却、自己破産したりと交通事故後の高額賠償責任で人生が大きく狂うケースもあります。

そのため交通事故で想定できる補償をするためには任意保険に必ず加入する事が重要です。

 

任意保険は大まかに分けて2種類ある

任意保険には大きく「対人保険」と「対物保険」の2つに分けられます。

対人保険は加入者の車によって事故にあった人を対象とした保険です。

被害にあった人は加入者と血縁関係が無い方であれば加入者の車に同乗していても補償されます。しかし通常の事故の場合、事故被害にあった人は補償対象ですが、加入者自身とその家族はこの保険の対象とはなりません。

 

次に対物保険は交通事故によって被害にあった、車両や建造物が対象となります。これも対人保険同様に加入者の車両やその所有物に関しては対象外となります。

任意保険は自賠責保険で補償できない部分を補う保険という考えで構成されています。

そのため交通事故の場合は基本は自賠責保険で補償してその上限を越える部分を任意保険で補うようになっています。

1998年に自動車保険料が自由化となってから保険料が横並びだった時代が終わり、それ以降保険会社よって料金の違いが出てきました。

保険会社には代理店型とダイレクト型があります。

店舗を構えて営業する代理店型の保険会社は実際に店舗でコンサルタントと直接対面して補償内容を相談できる安心感があります。

しかし代理店型の保険会社は人件費や広告費といった店舗経費、代理店手数料が保険料に上乗せされるため保険料が高くなる傾向にあります。

それに対してダイレクト型はwebサイトから申し込めるタイプで、代理店型でかかる経費がかからない分保険料を安く抑える事ができます。

 

任意保険で入っておきたい保険の内容

自動車の任意保険では「賠償責任保険」と「傷害保険」が基本セットになっています。

通常は自分自身のケガ死亡時に保険金が下りる【自損事故保険】や事故相手が無保険の場合に下りる【無保険車傷害保険】もセットとなり自動加入となっています。

しかしそれ以外の保険の設定内容や特約に関しては加入者自身で決めて保険を組み立てていく必要があります。

 

まず「賠償責任保険」の【対物賠償保険】は事故相手の車や物を傷つけた場合の保険で、対象となるのは事故相手の車や建造物です。

【対人賠償保険】は事故によって相手に怪我などを負わせてしまった場合に補償されます。

どちらも被害内容によって高額な賠償責任を負わされる場合があります。

そのため任意保険ではできるだけ上限を無制限で入っておく事が安心です。

 

次に加入しておきたい保険は「傷害保険」の中の人身傷害保険です。

【人身傷害保険】は過失や責任に関わらず車に乗っている人のケガや死亡時に下りる保険です。

この【人身傷害保険】の最大の特徴は運手者に過失があっても保険金が下りる事で、車同士の事故の場合はケガをした治療費総額の内加入者に過失割合分の費用だけ保険金が出ます。

残りの費用は相手方の「賠償責任保険」で補償させるため、治療費全てが双方の保険で負担できる優れた保険です。

これに加入しておく事で自分や搭乗していた人がケガをした場合に出る【搭乗者傷害保険】に加入が不要になります。

また車両保険に関しては通常事故にあった場合、車同士の事故のケースでは自身の車の修理費の内、過失分を補償する保険になります。

そのため補償内容の割に支払う保険料が割高になるため、加入する前にしっかりと費用検討をするようにしてください。

 

保険の加入は納車前に済ませておくと安心

任意保険は納車時に契約を済ませていないと無保険状態になり補償を受けられない事になります。

そのため保険加入は納車前に完了させておく事で、納車時からすぐに運転できます。

中古車や新車購入を決めたらできるだけ早く自動車保険の加入手続きをするようにして下さい。

現在自動車保険に加入している方は変更の手続きになります。

この際必要となる書類を手元に揃えてから手続きするとスムーズに手続きができます。

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です