車買い替えQA

普通車と違うので注意!軽自動車を購入する際の書類とは?

軽自動車の購入に必要な書類は、普通車を購入するときとは違うというのを知っていますか。軽自動車をスムーズに購入するためには、まずはどのような書類が必要になるのかを知っておくのがいいでしょう。そこで今回は軽自動車の購入に必要な書類について普通自動車の場合と比較しながら説明していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

軽自動車の購入で必要な書類1.自分で用意する書類

軽自動車の購入では新車、中古車に関わらず必要となる書類は同じです。

まず、購入者の氏名と現住所が確認できる住民票を用意しましょう。

軽自動車を購入する際には普通車の場合とは違い、印鑑証明は必要ありません。

ただ、その代わりに現住所が証明できる住民票の提出が求められます。

氏名と現住所が分かるだけで十分ですので、本籍や続柄、マイナンバーなどは省略されていても問題はありません。

この住民票は発行から3カ月以内のもののみ有効ですので、発行された日付を確認しておきましょう。

また、売買契約書や委任状などに押印する必要のある印鑑は、認印でもかまいません。

普通車を購入する際には実印が必要ですが、軽自動車の場合では認印での代用が可能です。

ただ、自治体によってはシャチハタを不可としている場合もありますので、三文判を用意しておくといいでしょう。

必要な書類や印鑑は事前に販売店に確認しておくと安心です。

 

軽自動車の購入で必要な書類2.販売店が用意する書類

軽自動車を購入する際、自分で用意する書類以外に販売店が用意してくれる書類もあります。

まず自動車を購入すると自動車検査証がもらえます。

これは車検証とも呼ばれる自動車の戸籍謄本のようなものです。

軽自動車にも自動車検査証は必ずあり、販売店が用意してくれます。

使用者の欄に自分の名前が書かれたものが納車時に渡されますが、全額を販売店に収めている場合には所有者欄にも自身の名前が記載されています。

また、任意保険に加入する際には自動車検査証のコピーを求められます。そのため契約時にコピーをもらっておくと手続きがスムーズに行えます。

 

また、車の登録に関する手続きは非常に複雑でもありますので、販売店に代行してもらうのが通常です。

その際には、販売者に登録に関する手続きを委任する意志を示す「委任状」に署名し押印する必要があります。

委任状自体は、販売店側で用意してくれますので、契約時に印鑑があれば大丈夫です。

普通自動車の場合には委任状にも実印が求められますが、軽自動車の場合では認印で問題ありません。

 

販売店が代行してくれる手続きには自賠責保険の加入も含まれます。

自賠責保険というのは、自動車損害賠償保障法によって加入が義務付けられている保険ですので、販売店の代行でスムーズに加入できます。

自賠責保険証も販売店が用意してくれますので、納車時に受け取れます。

 

状況によって必要になる書類

ディーラーなどの販売店では車庫証明の申請の代行もしてくれます。

車庫証明は車の保管場所を管轄する警察署に申請し、警察の確認の後に公布されます。

ただ、この車庫証明の申請を代行してもらうには平均して15,000円から20,000円といった費用がかかります。

自分で申請すると地域にもよりますが2,700円程度ですみますので、時間が許すのであれば自分で申請してもいいでしょう。

 

ただ、軽自動車の場合には車庫証明が必要な地域とそうでない地域があります。

車庫証明が必要な地域というのは県庁所在地の市や人口が10万人以上の市、東京や大阪の中心から30km圏内にある市です。

自分の住んでいる地域は車庫証明が必要がどうかは事前に確認しておくのがいいでしょう。

 

また、軽自動車をローンで購入する場合には住民票と認印以外に本人確認書類が必要です。

運転免許証や健康保険証、パスポートなどがあれば本人確認が行えます。

また、ローンの返済が可能であるのかを証明するための源泉徴収票や確定申告書、納税証明書などで収入を証明する必要もあります。

さらに車の購入が証明できる注文書や売買契約書、請求書などの提示も求められます。

その他にもローンの引き落とし口座を登録するための銀行の届け印も必要です。

利用するローンによって必要なものが変わりますが、銀行のマイカーローンを組むよりもディーラーで取り扱っているローンの方が必要書類が少なくすむ場合が多くみられます。

ただ、どのローンでも本人確認書類と収入証明書は必須ですので必ず用意しておきましょう。

 

さらに軽自動車の購入時に下取りがある場合には軽自動車であっても実印が必要です。

さらに下取りをしてもらう車の車検証と自賠責保険証、リサイクル料金預託証、印鑑登録証明書の提出も求められます。

その他にも委任状、譲渡証が必要ですが、これらの書類は販売店で用意してもらえます。

 

軽自動車は普通自動車より書類の量が少ない

軽自動車を購入する際に必要な書類は、普通自動車と比べると少なめであるといえます。

これは、軽自動車は普通自動車のように「登録車」ではなく「届出車」であることが理由です。

そのため、軽自動車を購入するときは、用意する書類を間違えてしまわないように注意しましょう。

販売店でもどのような書類が必要かを教えてもらえますので事前に確認しておくと安心です。

 

新車が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
 

など、新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない...
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

 

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

 

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です